健康な歯を保つなら定期的な歯科検診がおすすめ!

>

コツを教えてもらう

歯磨きの仕方

子供のころに歯磨きの仕方を聞いて、それっきりになっている人がいるのではないでしょうか。
歯磨きの正しい方法を知ると、病気の予防に効果を発揮できます。
歯科検診に行った時は、歯磨きの仕方を教わってください。
大きな負担を歯に与えることは、絶対に避けてください。
傷ついて、そこからバイ菌が侵入してしまいます。
優しく磨くことを心がければ、歯が傷つきません。

また、1本ずつ歯を磨くことが大切です。
すると細かい部分まで、汚れを落とすことができます。
奥歯は特に歯ブラシを当てにくい部分なので、細かく動かしてください。
自分の歯を見ながら磨くと、歯ブラシをきちんと当てることができます。
鏡を見ながら磨く習慣を身につけましょう。

おすすめの道具

歯科検診に行って、歯磨きにおすすめの道具を聞いてください。
普段から歯ブラシを使って磨いている人が多いと思いますが、いろいろな固さがあります。
固い歯ブラシだと歯を傷つけてしまう危険性があるので、柔らかい歯ブラシを選択してください。
また小さい歯ブラシの方が、綺麗に磨くことができます。
大きい歯ブラシは一気にたくさんの歯を磨くことができるので楽ですが、細かい部分の汚れを見逃してしまうことがあります。

さらに、歯ブラシ以外の道具も聞いてください。
歯間ブラシや糸ようじを歯ブラシのあとに使うと、完璧に汚れを落せます。
歯科検診に行くだけでは病気の予防をするのに足りないので、自分に合っている道具を見つけてください。